島岡のブログ

北九州で登山やトレッキング、サイクリング、旅行など。お酒はあまり好きではありません。

Read Article

古処山に登山に行ってきたらとても神々しかった

古処山 山頂

古処山 山頂

九州百名山走破を目指して1番から順番に登っている僕ですが、ようやく5番目の山「古処山」に登山してきました。※順番は僕の持っている以下の本の最初からの順番です

古処山ってどんな山

僕も行くまではよく知らなかったのですが、調べてみると色々と面白い山でした。標高こそはあまり高くは無いものの、頂上付近の石灰岩が綺麗で、山頂には数多くのお地蔵さんがあり、昔から山岳宗教の聖地と言われていたんですね。

特別天然記念物に指定されているツゲの原始林も有名なようです。

古処山(こしょさん)は、福岡県朝倉市と嘉麻市にまたがる標高859.5mの山。 特別天然記念物に指定されているツゲの原始林があることで知られる。
全山が石灰岩で出来ており、白い岩が多いことから白山(はくさん)とも呼ばれる。 山頂付近にかけての一帯にはツゲの原始林が残っており、特別天然記念物に指定されている。
近隣の英彦山同様、古くから山岳宗教の聖地として知られており、伝教大師(最澄)が山中で薬師如来像を彫ったという伝説がある。最盛期には坊舎が36箇所あったといわれているが、現在その痕跡は残っていない。
via:古処山(wikipediaより)

古処山キャンプ村「遊人の杜」からスタート

駐車場と近くにトイレなどがあることから今回は古処山キャンプ村「遊人の杜」からスタートしました。僕が駐車場に着いたのが13時50分頃だったかと思いますが、日曜日なのに車は3台程度と比較的空いていました(単に天候が悪かったから?)

この古処山キャンプ村「遊人の杜」の施設がとても綺麗で、今度は是非ここでキャンプをしたいなと思えるほど良い施設でした。中に入ったわけでは無いですが外観がとても綺麗です。2〜3人でいけば小さなコテージを借りても12,000円位なのでひとり4,000〜6,000円位で済みそうです。人数がもっと多くなればそれだけ安くなりますし。大勢でパーティをしても楽しそうですし(静かに)、デートとかでも楽しそう。デートとか。Wi-Fiがあればここで仕事が出来そうなのでたまの気分転換にも良さそうと思ったけどWi-Fiはどうなんでしょうね、流石に無いかな。古処山キャンプ村「遊人の杜」のwebサイト

古処山キャンプ村「遊人の杜」駐車場

古処山キャンプ村「遊人の杜」駐車場

駐車場の看板には「17時になると閉鎖します」の文字がありましたのでそれまでに下山出来るようにスケジュールを組んでおく必要があります。

また僕は下山時に教えて頂いたのですが、この古処山キャンプ村「遊人の杜」から登山される方は管理人室で事前に登山することを記入する用紙があるので、その用紙に記入して頂いたら助かりますと係員の方が言われてました。

僕はそのことを事前には気づかず、下山時に偶然係員の方と話して教えてくれました。係員の方も車が駐車場に残っていたりすると心配になるようですので今後はきちんと用紙に記入して登りたいと思います。

古処山キャンプ村「遊人の杜」から頂上へは50分ほど

もう少しかかるのかと思っていましたら意外と早く、登山開始してすぐにある看板に頂上へは50分の文字が。実際に登ってみてもちょうどそれくらいでした(途中1回休憩しても)。

僕が古処山に初めて登って感じたことは、なんか緑がとても綺麗な印象でした。季節的なもの? 木がたくさん生い茂っているのはいつもの山のことなのですが、その木の根っこが緑の苔のようなものが着いていてそれがあまり見た光景では無かったのでとても印象的でした。

古処山の木々

古処山の木々

途中雨が降ったりしたものの、古処山山頂に無事到着

山頂にはお地蔵さんが結構たくさんありました。そのお地蔵さんも目立つ場所にあるのではなく、木の陰に少し隠れていたり、よく探さないと解らない場所にあったりと少し探検気分を味わえる山でした。

古処山のお地蔵さん

古処山のお地蔵さん

そんな古処山登山の動画はこちらです

写真を撮りながら登るのも足が止まって結構大変なので僕は最近動画派です。動画は1本で長く書き出そうとすると結構な時間がかかるので前編、後編に分けています。お時間のある方は是非見てみてください。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

Return Top